中型バイクにオススメの任意保険は?任意保険未加入は破滅の危険あり

念願の中型バイクを買う決心がついた!
あるいは、「買った!!」という人向けの記事になります。

楽しい楽しいツーリングライフに、興奮する気持ちは非常に分かりますが、
任意保険に加入していないことで、その楽しい高ぶる気持ちが一転、絶望に落ちる可能性があります。

当記事では、任意保険についての解説と、未加入時の大きなリスク、そして選び方などを解説していきます。

そもそも任意保険って何?

まずは、中型バイクに乗る為の任意保険って何なのか?について、解説していきます。

基礎知識を知っておくことで、より理解が深まります。
事故の事、自身の財産、最悪家族すら巻き込む可能性があることなので、
しっかり理解していただけたらと思います。

自賠責保険との違いは?

  • 「なんかよく分からないけど保険(自賠責)入ってるから関係ないな」
  • 「自賠責入ってるしこれ以上保険いらないでしょ」

などなど、意外と任意保険が軽視されがちです。

確かに月々払いたくないのは分かります。
事故を起こさない自信もあるかもしれません。

 

ただ、「保険」とはその言葉通り、万が一に備えるもので、その万が一が来てしまったとき、億単位の賠償を全額払わないといけなくなってしまうので、それを防ぐ手段が任意保険です。

 

言ってしまえば、任意保険と自賠責保険の最も大きい違いは、
加入義務があるかないかの違いです。

強制保険(自賠責保険)は加入義務により全員入っていますが、任意保険は義務ではないので強制ではありません。

 

もっと言えば、補償内容が大きく違ってくるんです。

自賠責保険と任意保険の内容の違いは?

強制の自賠責保険と、自由の任意保険の補償内容はどう違うのか?

やはり入るべきかどうかの最も重要な判断基準になるので、しっかり解説していきます。

自賠責保険の具体的な内容

このうち、1名につき

  • 傷害・慰謝料・治療系費用などが最大120万円まで補償。
  • 後遺障害による損害や逸失利益、これによる慰謝料は75~4,000万円。
  • 死亡・葬儀費などは最高で3,000万円。

このような内訳になっています。

補償最高額を超えてしまうと、不足分は自身で負担するか、任意保険でまかなう事になります。

任意保険の具体的な内容

義務である自賠責保険とは違い、こちらは自身で設定するので、内容は自身のさじ加減で大きく変わります。

何が必要か、どれを重視するか、予算はどのくらいかで決まってくるので、
これは見積もりの段階で予算を相談をして決めていくしかありません。

ただ内容としましては、上の画像にある自賠責で補償されない部分も補償される点です。

対物は特に必須級です。
人身に関しては非常に高額で入っていない人も多いです。

あった方がいいですが、予算としっかり相談して下さい。

主な補償内容としましては、

対人賠償保険

元々自賠責保険にもある対人賠償保険ですが、自賠責だけでまかなえることはほとんどありません。
自賠責の支払額を超過してしまった場合に支払われます。

 

対物賠償保険

バイクによる事故でガードレールやお店、家や塀など、
あらゆる物を破損させてしまった場合に支払われます。

 

人身傷害保険

バイクに搭乗中に事故で死傷、後遺障害を被った場合に発生します。
単独事故も同様です。

 

搭乗者傷害保険

タンデムで後ろに乗せている人が事故で死傷した際の補償です。
対人賠償、人身傷害保険とは別で発生します。

 

車両保険

バイクが事故により破損してしまった場合に補償されます。

 

無保険車傷害保険

車、バイクが突如前から突っ込んできて事故ってしまったものの、
相手の車、バイクが逃走による不明、無保険だった場合に相手側から補償が得られなかった時の補償です。

 

また、加入率として

対人賠償:99%

対物賠償:99%

搭乗者傷害:65%

人身傷害:26%

このようになっています。

引用:損害保険料算出機構 平成27年度 P76~

 

人身傷害に関しては値段が跳ね上がるので、入らない人も多いです。
それでも意外に4人に1人は入っているようですね。賢いですね。

僕は”人身傷害”は未加入なので、自分が怪我しないように安全運転をより心がけています。

任意保険のメリットとデメリットは?

現実的な問題として、任意保険に加入することのメリットとデメリットをお伝えしていきます。

結論から言えば、入ることによるデメリットよりも明らかにメリットの方が大きいです。
それを具体的にお話ししていきます。

任意保険のメリット

もっとも恩恵を得られるのはやはり万が一の時の補償です。

事故は自分だけが運転がうまくても起こります。
町をよく出歩く人ほど分かると思いますが、世の中には信号無視、一時不停止、割り込みなど、
「猿が運転してるの?」って思う場面が山ほどあります。(特に都会)

僕も大阪によくいますが、一時停止をちゃんと止まってる車を見たことがありません。
歩道があるため、人や自転車が飛び出してくることは容易に想像出来る場面でも平然と飛び出してきますし、
左右のうち片方しか見ていない運転が下手な人も山ほどいます。

運転がうまい人でさえも、そういうヤバい車に巻き込まれることはあります。

そういう時に発動出来るのが、任意保険ですね。

事故が起きた際に自賠責だけで足りることはほぼないため、
残りの額を自腹ということがほとんどです。

ちなみにそれで自己破産する人は山ほど見てきました。

失うものがあまりに大きいので、恩恵はかなりのものです。

任意保険のデメリット

やはり月々お金が発生します。

年齢が22歳以下で最初の1年は結構な額なので、お金に余裕がない学生さんとかはほんとに軽視しがちですね。

また、安い保険の所だといざという時、しっかり対応してくれないこともあり、選ぶ保険を間違えることによるリスクもあります。

デメリットと言えばそのくらいですね。

任意保険は入るべき?

絶対に加入すべきです。

くどいようですが、一生賠償金を支払い続ける人もいます。

特に事故で相手を死亡させてしまった場合には、損害賠償は1億を超えることが多いです。
自賠責における死亡保障は3,000万までで、残りの金額は全て自己負担になります。

それだけでなく、スーパーなどに突っ込んでしまった時とかも、対物は自賠責だと対象外なので、もちろん全て自身で負担しなければなりません。

自賠責のみだと、どれほど恐ろしいかご理解いただけましたか?

任意保険の未加入は、人生を台無しにしてしまうレベルのリスクを背負うということなのです。

任意保険に入る前の事前知識を知る

最後に、簡単におさらいと事前知識を入れておきましょう。

任意保険はどのくらいの人が入っているのか?

任意保険の加入率は、現実的に言えば半数を切っています。

約42%ほどしか加入していません。

自動車保険の概況(2017年度).pdf
※引用:損害保険料率算出機構「2017年度自動車保険の概況」P112

 

このうち、何割かは人生を棒に振ったでしょう。

正直、任意保険に入る余裕がないならバイクに乗るのはやめたほうがいいです。

バイクと自賠責と任意保険は最低限のセットだと思ってください。

年会費は?月間費用は?

加入する会社やプランにより大きく異なります。

私は21歳以上補償の条件で初回加入時は年間42,000円で、月々約4,000円支払っています。

16歳以上の弟は、僕の倍以上で初回は月々10,000円ほど支払っていました。
2年目には無事故無違反による等級アップで月々5,000円支払っていました。

金額は実際に見積もってみないと分かりませんので、下記に見積もりのリンクを貼っておきます。

任意保険の選び方

一番は予算との相談です。

いくら魅力的な内容であっても予算オーバーしたらその時点で意味を成しませんので、一番重要です。

予算に合った範囲で、補償内容やロードサービス内容も色々な会社と見比べた上で決めていきましょう。

実績もある主要8社をまとめて見積もり出来る一括査定のインズウェブは以下のサイトにあります。

こちら

僕はここから「チューリッヒ」に加入しました。

色々条件は似通っていたのですが、決め手となったのは、「携行品特約」という補償内容に惹かれたからです。
他にはないのですが、事故後に例えばスマホなどの提行品が破損した場合に5~10万円まで補償してくれます。

万が一スマホ、GoProなど持ち物が壊れてしまった場合に補償されます。

モトブロガーなら必須の項目かもしれませんね笑

まとめ

任意保険がいかほど重要かというお話でした。

ちょっと「入れ入れ~…」みたいな毛が強かったと思いますが、本当にこれだけは絶対的に入ったほうがいいのでしつこいくらい勧めてしまいました。

万が一の時一生涯かけて賠償金を支払い続けるなんてアホらしいじゃないですか

バイクに乗るからには、そのようなリスクを回避するという安心を買うものと思っていいかもしれません。

ちなみに僕も最初のほうは任意保険を甘く見ていて、任意未加入そのまま約600kmの往復をしたことがあるんですが、今にして思えば本当に恐怖でしかありません。

公道を走る時にいつも僕が言っていることは、「周りにいる歩行者や自動車、バイク、つまり自分以外全員アホだと思え」ということです。

好き勝手走る人があまりに多く、公道は常に危険でリスクが伴います。

自分だけ運転がうまくても、後ろから突如周りを見ていない車が突っ込んできたらその時点でアウトです。

事故は自分だけのミスで起こるものじゃありません。

そんな理不尽な事故で補償されないと、アホらしいのでそういった自賠責だけじゃ届かない範囲をカバーするというリスクヘッジの意味もあって任意保険があります。

予算と補償内容をしっかり決めてからどれに加入するか検討して下さいね。

 

最後に有名な事故動画でも見てより考えて見て下さい。

「これは絶対に避けられないわ…」みたいな理不尽な事故が世の中溢れてるんだなっというのが分かります。