【完全ガイド】バイクを購入するあらゆる方法と流れの手引き

免許を取って、ある程度何のバイクを乗りたいか決めたぜ!!ってなっても、いざ買うとなると
「さて、どこで買うべきか・・・」「どうやっていい車体を選ぶのか・・・?」と悩むことでしょう。

比較もしたいし、なるべくお得に買いたいし、いいものを入手したいというのは誰もが思うところです。

せっかく買ったのにすぐ壊れたり、変な動作や音がする不良品を掴みたくはありませんよね?

 

この記事では、値段、状態の2つの視点で選び方、買い方、メリットデメリットを全て解説していきます。

バイクを買う前に

買いたいバイクは決まりましたか?

もしまだなら、先に決め方を書いた下の記事をご参照下さい。

【初心者向け】中型バイクの選び方!選ぶ基準と種類を知ろう!

 

そして、買いたいバイクが決まった場合は、いよいよ購入ですね!

どこで、どのように選んで、どのような流れで買うのかを次から解説していきます。

外れを引かない中古バイク選びは?

新車を買うなら特に車体の選び方に関して特筆することはありません。

しかし、中古車は違います。
大きく当たり外れがある場合があり、割りと慎重に選ぶ必要があります。

それでも完全に当たりを見切ることは困難なので、あくまで目安や妥協点を自分の中で確立させておくのが大事ですね。

よく聞く選び方に「走行距離」があります。

当然走行距離も重要な目安の一つなのは間違いありません。
しかし、走行距離が短くても前の所有者が雑な扱いをしてメンテナンスも疎かにしていればその車体の寿命は短くなっていると思っていいです。

反対に、40,000kmとか乗っているのに、洗車、オイル交換、チェーン管理等々…あらゆる部位を定期的にメンテナンスしていたバイク愛溢れる人が乗っていればまだまだ乗れてしまいます。

そこを上手く見極められればいいのですが、どう頑張っても素人目で見て判断できるわけもなく…

バイク選びの際に「遠くから見て傾いていないか?」とか「おかしい点はないか見る」とか「フロントフォークの沈み具合に違和感」とか言われても分かるわけないやん!!ってなるんですよね笑

あれやこれやチェックしても何がおかしいのかとか全然分からないし、考えるだけほんとに無駄です。

バイクに詳しい人がいるなら絶対同行させた方が良いですが、僕の時みたいに周りにバイクに詳しい人がいなければもう運とフィーリング頼りです。

明らかに傷、汚れが目立つわけでないなら、状態が良い可能性は高いのであえて言うなら綺麗目なものを選ぶとしか言えません。

後は店員の人にでも「何かおかしいところとかないですか」みたいに直球で聞けばまともなお店なら正直に答えてくれますよ。

特に旧車は非常に当たり外れが大きく、すぐ乗れなくなるものから全然余裕で乗れるものまであって完全に運ゲーです。
全ては「店員さんに聞く」これが全てです。

ちなみに現行車両であれば別に外れとかほぼないんで外観で個人的に気になることがなければ買いでもいいと思います。
現行車両は年数があまり経ってないものほど変わりはないですから。

バイクを購入する5つのパターン

バイクはお店で買うのはもちろん、ネットでも購入できる為、色々な方法で購入することが可能です。

一つ一つ具体的なメリットとデメリットを交えて詳しく説明していきます。

ショップでの購入

王道の購入方法ですね。

レッドバロンやSOXなどはあらゆるメーカーのバイクを扱っています。
中古車を探すならショップが基本と言っていいでしょう。

ショップで購入する特徴としては、

信頼性、雰囲気、今後付き合っていけるか、アフターサービス関連など
今後のバイクライフに最も影響する部分の恩恵を最大限受けられます。

バイクに詳しく、数々のバイクの知識が豊富で、車両の特徴や癖、メンテナンス方法など、あらゆることを教えてくれる店員さんは信頼出来ます。

知識がなく、曖昧な応答だったり説明を受けてよく分からないと感じたらあまりよくないお店です。
そういう判断が出来るのがショップです。

メリットとデメリットとしては

メリット

  • たくさんの種類のバイクが置いている
  • 今後のバイクライフのサポートを得られる
  • アフターサービスがある
  • ツーリング先でバイクがおかしくなった際に近くの同じ店舗にて相談、修理が迅速に行える

 

デメリット

  • 店長やスタッフが変わると一気に最悪なお店になるリスクがある
  • 納期が遅め

 

こんな感じでしょうか。

ちなみに僕の弟はレッドバロン購入です。
ちょくちょく行って点検とかしてもらっていました。

ディーラーでの購入

ホンダドリームやYSPなど、自メーカーに特化した正規販売店です。

新車に強く、知識や技術も非常に豊富で信頼性が非常に高いのが特徴です。
もちろんアフターサービスもありますし、正規販売店でしか買えないバイクもあったりします。

メリット

  • 納車が早く、3日で納車出来ることさえある
  • 自メーカー特化なので技術の信頼が高い
  • 純正パーツが揃えられる・取り付けやすい
  • 保証が充実している

デメリット

  • 全国の展開数がショップより少ない
  • 全体的な価格は高め

ネット販売及びオークションでの購入

ヤフオクはもちろん、通常販売ならhatoyaさんがネット販売にも対応していたりします。

新車にしろ中古車にしろ、幅広く対応しており、かなり幅広い種類のバイクが手に入ります。
普通のお店じゃ見ないようなのがあったりおもしろいです。

大抵は書類ごと輸送されることが多く、諸費用が一切かからないことがあります。

メリット

  • オークションなら諸費用なし
  • 多種類のバイクが見つけられる
  • 納車整備がないので場所によっては翌日に手に入ったりする
  • 価格が安い

デメリット

  • アフターサービスがない
  • 遠方すぎると現物確認できない
  • 自分で陸運局へ行って全ての手続きを行う

個人経営

よく聞く有名なお店とは違って小さい個人で経営しています。

店舗があるお店もありますが、そうでない所もあり「Google MAP」などのレビューで評判を見るのが基本になりますね。
とても親切な人から誰に対しても塩対応な人までいて非常に当たり外れが大きいです。

レビューを大きく信じて動くのが基本なのでレビューがないところは完全に賭けになりますが、お店の人と仲良くなるとあれやこれやとバイクのことはなんでも教えてくれます。

個人経営なので知識や技術も高めでそのあたりの信頼性はありますし、ツーリングなどのイベントを開催するところもあります。

お店が潰れない限りは店員が代わることも滅多にないのが特徴で長く付き合いやすいのも良いですね。

メリット

  • とにかく仲良くなりやすい
  • 慣れると気軽に足を運べる
  • パーツ、メンテの相談もしやすく知識が身につきやすい

デメリット

  • ツーリング先で何かあった際に頼れる場所が少ない
  • アフターサービスはないに等しい
  • 修理やパーツの取り寄せなどに時間を要する可能性あり

知り合いからの譲渡

友人や家族からの譲渡及び売却です。

知り合いからバイクを譲られるか、格安で売ってもらえたら万々歳です。
激安な上にある程度バイクの状態も把握出来ますし、普段のバイクへの扱いも分かるか
(彼は物を大事にする性格だしメンテとかしっかりしてたろうなぁ)みたいに想像しやすいでしょう。

当然名義変更などは全て相手と自分で行う必要があります。
アフターサービスなんてのもありません。

ですが、後ほど解説しますがそこはさほど問題じゃないので、気にする必要はありません。

メリット

  • 車両が無料~格安で手に入る
  • 最初から信頼している人物からの提供なので相談も非常にしやすい
  • 前使っていた所有者と今後も話せるならパーツ入手やメンテのこともやってくれることがある
  • 納期は早くて当日

デメリット

  • 全ての手続きを自分たちでやる

結局どこで買うべき?

人によって異なります。

多くの人はショップ、ディーラーで購入することをオススメしていますが、僕はネット購入を強くオススメしています。
そのあたりの詳しい解説、考え方は以下の記事をご覧下さい。

バイクを買うならショップ?ディーラー?僕のオススメはネット販売!

購入に必要なものと具体的な流れは? 店舗販売編

ショップ、ディーラー、個人店における購入方法、必要な物を細かく解説します。

僕の弟はショップ購入でした。

必要な物

まず事前に準備すべきものです。

  • 住民票
  • 印鑑
  • お金
  • 免許証

これだけです。

住民票を市役所かあるいはお近くの行政センターで取得しておいて下さい。
取得後3ヶ月まで有効で、3ヶ月が経過したものを持参してもバイクを契約できませんのでご注意下さい。

バイク購入までの流れ

ショップでの流れを書きますが、ディーターや個人店でもだいたい同じです。

これから解説することは、「既に欲しいバイクが決まっている」「跨ったことがある」ことを前提で進めます。
跨ったことがない人は、まず跨ってみてしっくり来るかどうか確かめるのがとても大事です。

STEP.01 お店に行って購入の旨を伝える

「このお店でこのバイク買う!」と決めたら、店員さんに契約したいと言って契約へ移行します。

机と椅子のあるところへ連れられ、まずは色々な説明が入ります。
まず最初に渡されるのは「見積書」。

車両価格はもちろん、諸費用(登録料+自賠責保険+税金系)込みでそのくらいの値段かが出ます。
お店によって異なりますが、諸費用はだいたい3万~7万くらいであることが多いですね。

ちなみに諸費用がショップにとって最も収益となる部分です。

さらにショップが提携している任意保険への加入を勧められます。

任意保険は絶対的に入るべきですが、この時任意保険に入るのはオススメしません。
理由は後から自分にあった任意保険に入るべきだからです。

この場で入った任意保険が自分に合わなくて、いざという時思ってたとの違う!ってなったら最悪ですからね。

そのかわり契約後、あるいは納車後すぐに申し込みましょう。
任意保険の申し込みは通常一週間以上かかるのでその間はバイクに乗るのをオススメできませんが…。

最後に、「見積書」は一度持ち帰って家族と相談したりじっくり考えるのも良いですよ。

STEP.02 契約

書類をサインしていって、住民票を提示して印鑑を押していって…

お金を払って契約が完了します。
ただしローンの場合は審査が挟まりますのでご注意下さい。

契約が完了すれば車両は契約者確定扱いとなって契約済みバイクに並べられ、整備待ちになります。

STEP.03 納車

中古車をショップで買う場合は通常一週間、長くて二週間ほどで納車します

納車は自分の家まで乗って帰る必要があります。

免許取立ての人はびびるポイントですね。
不安なら乗りなれてる人を連れて後ろに乗せてもらうと良いです。

特にいなければ気をつけて帰りましょう!

ガソリンがMAX入ってることはほぼないので、ガソリンの量を確認して給油して帰るのが良いでしょう。

購入に必要なものと具体的な流れは? 通信販売編

ネットでの購入の場合です。

オークション、ネットショップ販売店における購入方法、必要な物を細かく解説します。
僕はネットオークション購入なので体験も交えて解説します。

ショップ購入と違ってかなり購入までのプロセスが長いです。
ざっとプロセスを並べて見ると…

  1. バイクを探す
  2. バイクに入札
  3. バイク落札
  4. 支払う
  5. 書類が届く
  6. 陸運局へ行って自賠責登録とナンバー登録
  7. バイクが届く
  8. ナンバープレートを取り付ける
  9. ナンバープレートに自賠責シールを貼る
  10. 任意保険に加入してシールを貼る
  11. 走るぜ!

こんな感じの流れでした。

必要なもの

  • 印鑑
  • 住民票(3ヶ月以内のもの)
  • お金
  • 後から届く登録書類

免許証がなくても買えるのがメリットですね。

バイク購入までの流れ

非常に手順が多いです。

もしネットショップで購入するも分からないことがあれば僕がいつでも教えますのでいつでもご連絡下さい!

STEP01.バイク漁り

まずはバイクを漁りましょう。

僕はヤフオクでバイクを購入しましたので、ヤフオクを例に解説していきます。
中には諸費用が必要なものもありますので、ご注意下さい。

「自分、Ninja欲しいでーす」という場合は「Ninja」というワードで検索して下さい。

2ハンが良いなら「Ninja 250」というワードにしたり色々試してみて下さい。

 

そして「ええやんこれ・・・」と感じたら片っ端から中身を見ていきます。

商品ページには車両の状態、値段、走行距離やオプション付属品などが色々記載されています。

不良があれば「○○傷」「フォークねじれ」といったことがちゃんと書かれていますネットで買う以上は自分の目で確認することが出来ませんので、しっかりと内容を見ておきます。

「未整備」と書かれているものはどこに何の問題があるか誰も分からない状態なのでめちゃくちゃ安くなっていることがあります。
オークションでも可能であれば、出来るだけ自分の目で実際に見に行くことを強くオススメします。

ちなみに僕は見に行かず購入に踏み切りました笑。

STEP.02 入札する

内容を確認し、しっかりと「良い評価」の割合が高いことを確認したら入札します。

ここで注意すべきなのは、一度入札したらキャンセルは非常に困難です。
だいたいキャンセル料が発生しますので、概要欄はしっかり読んでおきましょう。

入札したら即決以外は数日待つことになります。
ライバルが現れないことを祈って待つしかありません。

この画像の場合は158,000円スタートですが、「180,000円」で入札すれば、158,000のまま入札が完了し、ライバルが現れても180,000円までは自動入札してくれます。

「このバイクならこのくらいの資金を出せる」という上限を決めている場合、あなたの上限額を記入しておいて下さい。

STEP03.落札

数日後、落札がうまくいったらまずはガッツポーズと勝利の舞を舞ってから即連絡を取ります。

最初に配送方法を選択出来るかと思います。

  • 自走(取りに行って乗って帰る)
  • 自分でトラックに積んで持ち帰る
  • BAS(陸送)

この3種類があったんですが、僕は陸送である「BAS」を選びました。

そして即連絡ということで、自分から挨拶メッセージを送ります。

本当は「落札した○○(本名)です。」とはじめに名乗るのが常識なので、画像のような連絡方法は少し悪い例ですね。
深夜の寝る前のフワフワ状態で書いていたのでついつい滅茶苦茶な文章になってしまいました。

頭をスッキリさせた状態で気持ちの良いメッセージを送れるようにしないとですね。

早くて1日後には返信がいただけます。(この時は休日を挟みました)
そして送料込みの合計金額を提示されます。

僕の時は送料27,220円でした。

STEP.04 支払い

かんたん決済なら支払いはすぐ終わるので、入金確認後に発送されます。

僕はかんたん決済でクレジットカード払いにしました。ポイントが滅茶苦茶おいしかったです笑

また、書類が先に届くはずなので確認しましょう。

STEP.05 書類が届く

バイクより数日先に届く書類です。

届いたのは、

「軽自動車届出済証返納済確認書」
「軽自動車届出済証返納証明書」の2点でした。

※廃車登録の有無など、バイクの登録状態によって届く書類は若干異なる場合があります。

今回は廃車登録されていてナンバーがないので当然自賠責もなく、「名義変更」ではなく完全に新規の「新規登録」を陸運局で行う必要があります。

バイクがなくても書類だけあれば登録出来るのでバイクが届く前に陸運局へ行ってもOKです。
新規登録をしてナンバープレートを取得しましょう。

STEP06.陸運局へ行って自賠責登録とナンバー登録

ここが最も面倒な要素で、比較的長いです。

ですがショップでの購入の際の諸費用の多くはこの登録代行でかかっている為、自分で行うことで諸費用を浮かせているっていうのが現実です。
多少面倒ですが諸費用の値段を考えたら半日かかるかかからないかの登録程度、余裕です。

01.持ち物の用意
  • 届いた2枚の書類
  • 印鑑
  • 住民票
  • お金(2,3万はほしい)

以上を持って陸運局へ行きます。

02.受付

陸運局によって場所や手順が違うので一概に言えません。

なので、僕が行った流れで説明していきます。

まずは「二輪車(125~150cc)はこちら」みたいな受付があるので、そこに向かいます。

建物はAだのCだの分かれている事がほとんどですが、だいたい最初はAかな?って思います。

受付で購入書類の申請用紙をもらうので、別の建物で申請用紙を買います。
「軽自動車届出書(緑)」という用紙を購入、40円でした。

03.自賠責加入

別の建物で用紙を購入したら、そのまま自賠責の受付へ行きます。
軽自動車届出書や住民票を出し、自賠責加入書類を書かされます。

僕はネットで別の自賠責に入るつもりだったので、
とりあえず12ヶ月の8,650円支払いました。

だいたい2年の人が多いと思うんで、自分の予算などにあった年数のものを選んで支払い、再び総合受付へ行きます。

04.新規登録用紙記入

そして自賠責の紙や出品者から送られたあのオレンジの用紙を提出し、新しい用紙を2枚書きます。

↓こういう用紙を書きました。(きちんと手本と書き方を教わります)

受付で教わったとおり記載したら同じ受付に提出します。

その後は「ナンバープレートを受け取って帰ってね」と言われるんで、最後にナンバープレートと自賠責シールを受け取る建物へ移動します。

これが自賠責シールですね。ナンバープレートに貼り付けましょう!
シール以外のこの自賠責保険証明書はバイクの椅子の中に必ず入れておきましょう。

ちなみにナンバーは番号指定なしで530円でした。

後はバイクが届くのを待ちます。

STEP07. バイクが届く

大きなトラックが2,3台ほどバイクを積んだ状態でやってきました。

その場で取扱説明書のような本と書類を受け取り、サインをして引き受ける。
その後は家まで押して帰りました。

しっかり受け取って軽く目視点検したら即受け取りのメッセージを送りましょう!
その後は評価をして取引終了です。

もう完全にそのバイクはあなたのものです!

STEP08. ナンバープレートを取り付けて自賠責シールを貼りつける

バイクが届いたらナンバープレートを取り付けて自賠責シールを貼ったら完了!

自賠責保険証明書もバイクの収納スペースに入れておきましょう。

STEP09. 任意保険に加入する

任意保険に入るには、バイクのナンバーが必要です。

つまり、ナンバープレートを取得してからでないと任意保険に入れないので、ナンバーを取ったらすぐに任意保険へ加入します。
任意保険についての詳しい記事は以下を参照して下さい。

中型バイクにオススメの任意保険は?任意保険未加入は破滅の危険あり

加入には約一週間は要するのですが、安全の為にここはぐっと堪えましょう。

任意保険に加入さえすれば、ようやくバイクに乗れます!!

STEP10.走り回る

もうバイクはあなたのものです。

好きに公道を駆け抜けましょう!!

未成年における購入方法

未成年の場合は大抵全額払い出来る人は少ないんじゃないかと思います。

ローンは18歳以上で働いている人(バイト可)でないと組めません。
つまり、親の名前を借りてローンを組むか、一括分気合いで貯めるしか選択肢はありません。

店頭でもウェブ通販でも同じです。

ただし一括分のお金さえあれば未成年でもすぐに購入出来ます。
ローンが組めるか組めないか以外は何も変わらないので気にすることなくお店に足を運んでもいいでしょう。

まとめ

ディーラー、ショップ、オークションなどなど、バイクの入手手段は様々です。

どれが良いかというのはなく、どれも一長一短であり、人によります。
僕個人としてはネットで買うのは最も良いと思っています。

自分にとって取るべきメリットやデメリットをよく考え、そして良いバイクを当てましょう。
旧車であれば非常にギャンブル性が強く、大きく当たり外れがありますが、現行車両はだいたい当たりです。

新し目のバイクに外れを引くって相当極悪運だと思いますけど、現行なだけあって使用されてさほど経過してないので、まず不備はほぼほぼないと思っていいです。

なので何をどう選んでいいか分からない素人でも現行ならまあ大丈夫って感じです。
年式が最近であるほど当たり率は高いですが値段も高いですけどね…。

無事バイクが手に入ったら慣らし運転で簡単にご近所ツーリングから始めてみるといいでしょう!!
購入について分からないことがあったらいつでもご相談下さい! →お問い合わせ

ここまで読んでくれてありがとうございました!