【徹底解説】バイク乗りの始め方と心構え【中型二輪免許入門】

はじめまして!

関西ライダーの水葉です。

このバイキックスクエアは中型バイク専用のブログですが、この記事ではバイク乗りになりたい全ての人類に共通することだけを書いていきます。

「バイクに乗ってみたい」「免許取りたいなぁ」と思った方に向けてとにかく初歩的なことを書きまくりました。

ここはバイク乗りの世界への入り口です。

ようこそバイクの世界へ…

バイクって実際どうなの?

バイクに興味を持ったが、まだ免許がない…

そんな状況ではあまりバイク乗りについてのイメージが出来ないと思います。

まずはこのお方の動画を見てみましょう。

もーーっっっのすごく楽しそうじゃありません??

僕はこの動画で免許を急いで取りに行ったと言っても過言ではありません。

そして実際、乗ってみると気持ちいいし、色々なところへ行けて楽しいし、手を振るのも最高でもう堪らなく楽しいです。

バイクで最高の気分を味わいたい場合はさらに読み進めてみて下さい!

バイク乗りについて

その前に、バイク乗りと言っても幾つか種類があります。

  • ツーリングタイプ
  • スポーツタイプ
  • オフロードタイプ

大きく分けてこの3つです。

僕はバリバリのツーリングタイプで旅することを重視しています。

他にも、峠を攻めたりサーキットレースを主にするスポーツタイプや、
砂利道や未舗装路を走ってスリルを味わうオフロードタイプの人もいます。

中には趣味ではなく実用で使う通学、通勤タイプもあったりしますが、ここでは全てに共通することを書いています。

バイクは死ぬほど楽しいですが、もちろん守るべきルールや法律もありますし、お金もかかります。

ただ「楽しそう」だからと言ってバイクに乗れるわけではないので、そのあたりの現実的なことも書いていきますね!

バイク乗りが出来ること

やはり遠出が出来る、スリルを味わえるの2つが主ですね。

ツーリングに行くも便利、スポーツやオフロードでスリルを味わうのも楽しい、通勤で使うと便利と、趣味と実用を兼ね備えた万能な乗り物です。

「車は高くて場所も取って購入が困難、でもバイクなら!!」と割りと誰でも入手出来るのもメリットですね。

割りと誰でも、旅に行ける これに尽きると思います。

ヤエー(yaeh)について

上にも通ずることですが、バイク特有の文化「ヤエー」というものがあります。

ヤエーはお互いの安全と良き旅を祈って手を振ったりします。

元々は「ピースサイン」と呼ばれていましたが、5chにおいて「yeah」を「yaeh」と誤字ってしまったところからヤエーと呼ばれるようになりました。

この「ヤエー」こそが僕にとってバイクの醍醐味と言っても過言ではありません。

ヤエーが本当に好きで、手を振って帰ってきたらうれしくて疲労が軽減するんですよね。

基本的に片手を離す行為なので素人がやると非常に危険ですので、慣れないうちは無視するか頭を下げるだけで良いです。
あくまで安全第一ですから。

たまに両手を離す人がいますが、アレはさすがにありえないのであくまで片手で応答するようにしましょう。

ソロツーリングとマスツーリング

バイクは一人で走るソロツーリングと、2人以上で走るマスツーリングがあります。

それぞれ別の楽しみ方があります。

一人なら自分のペースで自由に走ることが出来ます。
休憩したい時に気を使う必要もなく好きなだけ休憩出来るし、寄り道もし放題。

マスツーリングなら場所や食事の感動を共有し、楽しく談笑しながら走ることが出来ます。
万が一のトラブルでも協力出来ますね。

こうしてソロとマスで全然違った楽しみ方が出来るのがバイクの素晴らしいところです。

一人が好きな人も、反対に誰かといるのが好きな人も両方が楽しめるのはなかなかないのではないでしょうか。

余談ですが、僕はマスツーリングが好きで、弟はソロツーリングが好きです。

しかし、性格はそれぞれ全く逆で、僕はあまり人と関わるのが苦手なタイプで、一人でいることが大好きな人間です。
ですが、バイクに関しては人と一緒の方が好きです。

逆に弟はとても寂しがりで、とにかく一人を嫌い常に誰かと関わってないとダメなタイプですが、ツーリングはソロの方が好きみたいです。

因果関係があるのかは不明ですが、一人が好きな人と人といるのが好きな人で対となるかもしれません。

最近はソロツーリングも大好きですが、やはり他の人と一緒に走ってるほうが好きです。

バイク乗りになるということ

バイク乗りになるための心構えのようなお話をしていきます。

親及び周辺の反対について

よくあるのが「危険だから」「不要だから」という理由で反対される人が多いようです。

危険かどうかで言えば間違いなく危険ですが原付よりはまだ安全性が高いですし、言ってしまえば遭難、転落の危険がある登山や溺死の危険があるカヌーなど、アウトドアはそもそも危険なことありきみたいなところがあるので、本当に乗りたいならしっかり話し合うべきでしょう。

僕の弟は親の反対を無視して勝手に免許もバイクも入手してましたが、家族の信頼を失うのでオススメしません。

「熱意と約束」を示せば案外OKしてくれるかもしれません。

それでもダメなら20歳まで我慢するしかありません。

20歳以上は親の元も離れ独立する年です。

もう親の縛りを受ける必要もないので、勝手にしても良いでしょう。

不要って言われることに関しても同じで、趣味に必要も不要もないので論外ですね。

バイクに乗ることそのものが物好き

よく「バイクはバカが乗る乗り物」と言われていますが、全くもってその通りだと思います笑

だって、車なら楽だし、装甲で守られてるし、人もたくさん乗せられるし、荷物もたくさん積めるし、休憩仮眠も容易でおまけに冷暖房も完備。

移動手段として用いるならどう考えても車の方が利便性が高い上に安全です。

旅を目的にするにしても、あまり見かけないバイクの駐車場より確実にある車の駐車場。
車以外選択肢がないわけです。

わざわざバイクに乗るなんて変態ですからね。

しんどいし、仮眠はできないし、急な雨にやられるし、積載もキツキツ。おまけに事故れば装甲がないのでダイレクトに体にダメージを受ける。

バイクが好きじゃない人には到底理解できないほどやべー乗り物なんですよ。

でもその過酷さからメンタルが鍛えられ、過酷な旅を乗り越えた達成感と満足感、バイク特有の気持ちよさ
人生においてかなり濃い体験と経験値を得られるんですよ。

やっぱりバイクっていいなって、思います。

ただ、バイクはバカが乗る乗り物ですが、バイクにせよ車にせよ「アホな人」はそもそも公道を走るべきでありません。

「アホな人」というのは一時停止を無視、過度なスピード超過などのルールを守れない人のことですね。
「バカな人」というのはただの変態のことです。

変態でも人に迷惑をかけなければだいたいはなんでもいいのですが、人に迷惑をかけるバイク乗りにだけは絶対になってほしくありません。

最低限のマナーと道路交通法を守りながら素敵なバイクライフを送りましょう!!

費用に関すること

バイクという趣味はとにかく高額なんですよ…

誰でも楽しめる趣味と言いましたが、当然お金ありきでの話です。
と言っても車に比べて安いので、車よりは誰でも手が出せます。

でもやはり金銭面は無視できないところ…

免許を取るだけでも10万前後はしますし、車体を買うとなれば20~60万円は覚悟、大型なら7桁とかもありますからね・・。

さらには維持費、メンテナンスの部品やガソリン代とかかる費用は尋常じゃありません。

詳しくは以下の記事に詳しく書かれています。

中型バイクの年間と月間の「維持費」はどれくらい?

覚悟を決める

色々書きましたが、費用が結構かかること、そして長い距離乗るほど肉体&精神の疲労感が凄まじいこと
ただしその見返りに多大な達成感と満足感を得られる

それでもバイクに乗りたいなら、覚悟を決めてこれから行動開始ですね!

「とりあえず免許取りに行けばええんやろ?」というとそうでもなく、バイクショップなどでは免許取得応援キャンペーンなどもよく開催しているので、それを利用するのが最もオススメです。

詳しくは免許取得について詳しく書いている以下の記事をご参照下さい。

中型バイクの免許を取得する具体的な手順を解説【普通自動二輪】

どんなライダーになりたいかを決める

ライダーと一言で言っても、上でも言ったとおりツーリングタイプやスポーツタイプの乗り方があります。

さらに、ツーリングタイプと一言で言っても「キャンプしまくりたい!」「ロングツーリングしまくる!」という人と、「中距離で日帰り温泉くらいをメインにあまり長距離は走らない」というタイプもいます。

要は、用途と目的によって選ぶバイクべきバイクは異なります。

いえ、好きなバイクを乗ればいいんですけどね笑

それでもだいたいの人は中型なのか大型なのか小型を取得するべきなのか?

  • どの免許を取得すればいい?
  • どんなバイクに乗ればいい?

まずはこのあたりを考えるのではないでしょうか?

そんな時は下の記事を参考にしてみて下さい。

【初心者向け】中型バイクの選び方!選ぶ基準と種類を知ろう!

僕自身のオススメは、「普通自動二輪」という中型免許です。~400ccまで乗れるヤツですね。

車種はオールマイティなネイキッドが好きですが、見た目で決めちゃっていいと思います。
むしろ見た目が最も重要ですね!走行中にそこらじゅうの人に自分の愛車を見せびらかしているという事実がもう堪らなくなりますので笑

注意すべきこと

後は、トラブル関連について簡単に書いていきます。

盗難について

昔に比べてバイクの盗難ビジネスの市場が縮小し、稼げなくなったことで盗難件数は大きく減りましたが、今でも盗難自体は存在します。

PCXとか滅茶苦茶パクられていると今でも話題になっているくらいですので、盗難対策はしっかりしておくべきです。

盗難保険に入ったり、最強の地球ロックでバイクをロックするなど色々対策しないと愛車が盗まれたとき、とてつもなく心に傷を負うことになるでしょう。

免許を取って、バイクを手に入れたらまずは盗難対策からですね。

ツーリング先の故障

僕が初心期間の頃ソロツーリングを躊躇ってた大きな理由です。

誰か一人でもいれば心強いのですが、万が一パンク、ガス欠、事故の際にソロだったらと思うと恐怖しかなく、免許取り立てから1年ほどはほんとビビりでソロツーリング大嫌いマンでした。

今となっては滅多なことでトラブルなんて起きないし、あまり気にしていません。

ただ、いざという時にレッカーが必要となるかもしれないので、任意保険の内容をしっかり見ておいたほうがいいです。

任意保険に関して詳しいことは以下の記事に書いてあります。

中型バイクにオススメの任意保険は?任意保険未加入は破滅の危険あり

まとめ

ここまでつらつらと書いていきましたが、要するに
バイクは死ぬほど楽しいってことなんですよ。

乗りたい!と思ったらまず免許!

免許取ったら車体!

車体入手したら装備とアイテム揃え!

ある程度揃えたらツーリング!

そうしてあらゆる場所へ旅していきます。

海辺を走ったり、山道を走ったり、夜の街を走ったり…
最高の相棒(バイク)と共に旅へ行けると思うとワクワク感しかないですね!

免許を取ったら大阪在住の人は僕と一緒にツーリングに行きましょう!!

ここまで読んで下さってありがとうございました。


次 → 中型バイクの免許を取得する具体的な手順を解説【普通自動二輪】